お得な引越し探検隊

マカロン
ナポレオン
HOME => 引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら一般

引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら一般

引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら一般向け引っ越しパックではなく単身者専用のサービスを探してみると引っ越し費用を抑えられます。

このようなパックは多くが専用コンテナを使っており荷物が少ない人しか使えないと決めつけられそうですが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。収めきれなかった荷物があれば宅配便など、他のサービスを使ってみてください。



転居とともに絶対必要になる手続きの筆頭といえば、運転免許証の住所変更届です。運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住所変更の申請も、早めに済ませましょう。転入した先の警察署で、交通課に運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口受付時間内に提出し、届を書き、少し待っていれば記載事項の変更ができます。引っ越しの作業をする前に、軍手を用意しておくのを忘れないでください。



たとえば、荷造りをしているときです。使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、ケガの可能性が高くなります。そして、荷物を運ぶときには指詰めの危険性を考えないといけません。安い軍手を選べば良いのではなく、自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手でなくてはなりません。
手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。ご存じだと思いますが、引っ越しの際には自家所有の自動車も住所変更を行うことになりますが、ナンバープレートが変わることについては気がかりだと思います。ナンバープレートに関して、変わるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。

引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じなら同じナンバープレートを使えますが、管轄が違う地域に引っ越すのであれば、変更は強制的に行われます。今どきのマンションやアパートではどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知ることなく生活するのがごく普通になっています。

それでも、日常の挨拶や何かあったときに助け合うくらいの関係はあってもいいのではないでしょうか。
ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶に行くことをおすすめします。



毎日快適に生活するために必要な環境は、家や部屋の中だけではありません。


近所との関係も住環境を構成しています。



よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶はその日のうちに済ませるべきです。



必ず、何か手土産を持って挨拶に伺いましょう。
簡単な挨拶で構いませんから、好印象を与えるようにしてください。



はじめの印象は、後々までの人間関係を決めるものです。

どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。
いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。

買うことや譲ってもらうこともできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、おまけとして、梱包用グッズをもらえるという話もよく聞きます。
契約の時にたくさんもらえたのに単なるお金の無駄にならないように契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前にしっかり調べておきたいものです。

引っ越しに慣れていない方にとって往々にして、引っ越しは一生でも生活が大きく変わるきっかけでしょうが、思いもよらないトラブルに巻き込まれることも予想しておく必要があります。
どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、仕事が重なってしまったときにどこかでトラブルが発生すると、全体の予定が狂ってしまうこともあるので予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。
自分の引っ越しといえば結婚のときですが、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスを使ってみました。
専門の業者にお願いした引っ越しというのは初めてでした。

ですから電話では本当に緊張していました。


最初から最後まで、それぞれのスタッフの方に対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。引っ越しはまたあると思いますが、その時にもぜひお願いしたいと思います。

引っ越しは何度も経験してきました。
ガスは事前に止めることもできますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。

引っ越し直前というのは、体力の消耗もかなりのものですから、引っ越し前夜こそ温かいお風呂にじっくり入って疲れを癒やすのが楽しみでした。
引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めばずいぶん癒やされるものです。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 お得な引越し探検隊 All Rights Reserved.